ネッククーラーevoは冷えないなんてことない?外で長時間使いたいけど

夏の暑さ対策にネッククーラーevoがテレビや雑誌で取り上げられて話題になっています。

スポンサーリンク

ちょっとしたお出かけならハンディーファンでいいんですが、外での長時間の作業とかするときは手が自由になる首掛けのネッククーラーevoのようなアイテムが便利。

ただ、ネッククーラーevoとかネッククーラーって冷えない!なんてことないんでしょうか?

 

スポンサーリンク

ネッククーラーevoの涼しさはどのくらい?

せっかく暑さ対策で買うのに、ネッククーラーevoを使ってみたら冷えない!なんてことになったら困っちゃう。

テレビなどで紹介されているのをみると、芸能人の方たちが

「涼しいぃ~」

的なコメント連発なので、さすがに冷えない!なんてことはないんでしょう。

 

とはいっても、テレビ的な発言!ってこともありますからね。

 

SNSでも評判みたい

そういうときは、けっこう辛辣な意見も多い、SNSで口コミ的なものをチェックするのがいいかな?と思って、ネッククーラーevoの機能性とかをSNSで探してみました。

すると、かなり高評価。

本当に涼しくなる!とか、冷える!的なコメントが多いですね。

 

実際には、自分で使ってみないと本当のところはわからないけど、通販サイトとかの口コミよりは信じられるかな?ということで。

 

冷えないって不安は解消?

SNSの評価を見る限りでは、ネッククーラーevoが冷えない!なんて心配は必要なさそう。

ネッククーラーevoなどネッククーラーは、ハンディーファンとかに比べると、価格もけっこう高めだから、やっぱり買うとき不安だったりするんですよね。

 

 

スポンサーリンク

長時間使うと肩こりも心配で軽量なのが一番

ネッククーラーevoとかネッククーラーは、首、肩にかけて使うから、冷える、冷えない以外で、軽いかどうかが気になるところなんですよね。

 

ネッククーラーは、室内でも使うことはあるだろうけど、長時間屋外にいるときに使うことが多いだろうから、本体があまり重いと肩こりとか体に負担になっちゃいますよね。

 

ネッククーラーevoはバナナ1本分?

サンコーさんのネッククーラーevoですが、本体重量は約200g

だいたいですが、バナナ1本分くらいの重さなんですって。

 

なかなかバナナ1本分の重さってイメージすづらいんですが、肩や首に負担にならないような軽量設計になっているということは間違いなさそう。

肩こりとか余計な負担にならないくらい軽いなら、ネッククーラーevoはデザインもけっこうシンプルだし、見た目もダサく見えないから使ってみるのもいいかも。

 

外でちょっとした庭いじりとか家庭菜園とかって、すぐに休めるとか水分補給できるとおもって、油断しちゃって、熱中症とかになりかけたりするんですよね。

かといって、土木とか建築作業とかで着るファン付きベストとか買うまででもないし。

 

スーパーとかで買い物している間に、車の中が蒸し風呂状態!なんてときとかも、このネッククーラーがあると便利かもしれませんね。

 

クビを冷やすグッズならネッククーラーリングも

首元を冷やすことで、熱中症対策にもなるってことで、ネッククーラーevoはテレビなどでも取り上げられて話題にになってます。

ただ、もっと手軽にクビを冷やすことができるなら、そんなに重量が重くないとはいっても、首や肩に負担にならないようなグッズの方が楽な感じがしますよね。

 

濡れタオルもけっこう効果あるとは思うけど、暑い日はすぐに水分が蒸発して乾いちゃう。

 

ということもあって、最近は、クビを冷やす効果が長続きするグッズが人気になってます。

その一つは、ネッククーラーリング。

 

クビにかけるだけで首元がしっかり冷えるってスグレモノ。

値段もそんなに高くないから、売れてるみたいですよ!

 

良かったらシェアお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。