金木犀の香りって秋を感じます!キンモクセイについて調べてみた

金木犀の香りって好きですか?

スポンサーリンク

わたしは好きなんですよねぇ~。

すごく優しい香りで、歩いているときにふわ~っと匂ってくる感じもリラックスできる感じで大好き。

私の家のご近所さんがキンモクセイを植えていて、朝、玄関を開けたときにかすかに、匂ってくると、

秋だなぁ~

って季節の移り変わりも知らせてくれちゃいます。

そんなキンモクセイなんですけど、わたしは香りが好きだけど、けっこう匂いが嫌いって人もいるんですよね。

まぁ、そんなキンモクセイについて調べてみましたよ!

 

スポンサーリンク

金木犀の香りが嫌いな人の理由

わたしは、金木犀の香りって大好きなんだけど、まわりには、けっこう嫌いって意見の人も。

ネットでも、香りで秋を感じるなんて声も多いです。

 

 

アンケートでは、好きな人が多いようですが、けっこう苦手!って人もいますね。

 

 

 

 

まぁ、香りの好みって、人それぞれだし、金木犀の香りが嫌いな人がいて当然!

わたしも、親が好きな匂いが苦手だったりする。

特に、トイレットペーパーについている匂い(ピンクのヤツ)は、苦手なんですよねぇ~。

 

金木犀の匂いが苦手な人の理由

苦手なのに、理由も何もあったもんじゃない!って感じですよね。

苦手なものは苦手なんですから。

 

生理的に匂いが合わないって人もいれば、幼少期の苦い思い出と重なるとか、匂い過ぎて嫌いになった!なんてパターンもありますよね。

 

それでもけっこう多いのは、「トイレの芳香剤の匂い」ということで嫌い!という人。

あるある!なんでしょうね。

 

スポンサーリンク

金木犀の花言葉

金木犀の花言葉って何なんでしょう?

ネットで調べてみると、『花言葉ー由来』ってサイトがあって、それでキンモクセイの花言葉を見てみると、

 

「謙虚」「気高い人」

 

っていうのが、花言葉みたいです。

 

フラワーショップの日比谷花壇の公式サイトで紹介されている、誕生日月の花で紹介されているキンモクセイの花言葉をみてみると

『変わらぬ魅力』

と書かれていました。

 

花言葉って、1つの花でも、いろいろあったりするんですよね。

 

まぁ、でもイメージ的に高貴な感じのイメージですね。

 

 

キンモクセイって桂花陳酒の原料なの?

金木犀って、どうやら原産国は中国なんだそうです。

その中国では、丹桂(たんけい)や桂花(けいか)なんて呼ばれているみたいですよ。

桂花っていうと、桂花陳酒。

 

この桂花陳酒も、白ワインにキンモクセイの花を3年間漬け込んだ中国のお酒なんだそうで、楊貴妃も好んで飲んでいるとかいないとか。

 

全然知らずに、居酒屋でガブガブ飲んでました。

今度からは、楊貴妃をイメージしながら、ちょっと高貴な雰囲気で飲んで見ようかな?

 

スポンサーリンク

ギンモクセイもあるんですね!

金木犀があるからってわけじゃないんでしょうけど、ギンモクセイってのもほんとにあるんですってね。

もともとはギンモクセイがあって、それが変種したものが、キンモクセイなんだそうです。

 

つまり、ギンモクセイのほうがキンモクセイより先!ってわけですね。

 

キンモクセイは桂花って呼ばれたりしていますが、ぎんもくせいは、銀桂っていうそうですよ。

 

 

キンモクセイの香水で人気は?

キンモクセイは、香水にもいろんな商品が発売されていますね。

 

最近は、練り香水にもキンモクセイがあるんですね。

 

 

 

種類もいろいろありますね。

 

でも、あまりつけすぎると、スメハラとかになっちゃうので、会社や人の多い電車などに乗るときは、程々にしておいたほうがよさそうですね。

 

 

 

 

良かったらシェアお願いします!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。