お風呂掃除で換気しないでカビキラー使うと匂いでどうなるの?ヤバい?

年末の大掃除は、やるところがいっぱいあるけど、確実にキレイにしておきたい場所の一つがお風呂!

スポンサーリンク

じゃないですかね?

 

やっぱり、年の瀬、そして新年をキレイなお風呂で疲れを癒やしたい、温まりたいですもんね。

 

で、お風呂掃除といえば、カビキラー!

ルックとかお風呂洗剤って、いろいろあるんだけど、ゴムパッキンとかにこびりついたカビをキレイにするにはカビキラーは強い味方!

でも、わたしはあのカビキラーのツーンとした匂いが苦手。

お掃除している間に、気分が悪くなっちゃうんですよね。

カビキラーを使わないといけないけど、正しい使い方ってあるんでしょうかね?

 

スポンサーリンク

お風呂掃除のカビキラーの使い方は6つの約束を守りましょう!

カビキラーの匂いが好きって人もいるんでしょうけど、わたしは苦手なんですよね。

気分が悪くなったこともあって、最近は、できるだけ、日頃のお掃除を頑張るようにして、お風呂にカビを付けないように頑張ってます。

 

ただ、そうはいっても、カビもかなりの相手!

わたしの予想を上回るパワーで攻めてきます。

 

なので、どうしてもカビキラーに頼ってしまうことに。

とはいっても、カビキラーを適当に使っていたのでは、カビを取り除く効果も、体への悪影響などにもなるので、使う前は、しっかり注意書きを読みたいところです。

 

ですが、あの小さい字を読むのはけっこうたいへん。

そう思って、カビキラーの匂い対策について調べていたら、カビキラーを販売しているジョンソン&ジョンソンの公式サイトに、

 

カビキラーを安全にお使いいただくっために

安全6か条

 

というのが、ありました。

 

6か条を箇条書きにしてみると、

 

  1. 混ぜない
  2. 必ず換気をする
  3. 子供の手の届かない場所で保管
  4. 目に入らないように
  5. ゴム手袋を着用して使う
  6. 専用の容器でそのまま使う

 

ということでした。

 

まぁ、よく聞く話ですよね。

 

スポンサーリンク

やっぱり換気は大事!

中でも、やっぱり換気ですね。

わたしも、これで失敗したんですよね。

 

うちのお風呂は、窓がないので、換気扇を回すしか換気のしようがないんですが、そういう場合は、お風呂の扉を開けて掃除するのがよさそう。

 

もちろん、シャワーなどで洗剤を洗い流すときは、閉めないといけないですけど、洗っている最中は、できるだけ換気状態にしておくほうが安全ですね。

 

匂いが気になる場合の対策は?

カビキラーを使う時は、公式サイトの安全の6か条にもありますけど、換気、そしてマスクなどを着用するのがおすすめされています。

 

でも、匂いに敏感、とくに、過去にカビキラーの匂いでしんどい思いを経験したことがあると、ちょっとした匂いに敏感になっちゃうんですよね。

 

そういう場合は、公式サイトにも対策法が紹介されていますが、

”マスクを水で濡らして使う”

というのが、いいそうですよ。

 

なるほど。。。

 

でも、マスクを水で濡らすと、息するのがつらくならないのかしらん?

 

水に濡らしといっても、湿らす程度かもしれませんね。

 

そういえば、ニオイといえば、この前、ヒルナンデスで”ワークマン”の商品を紹介していたんですよ。

その中に、年末の大掃除にピッタリの”防塵マスク”があったんです。

 

基本的には、ホコリ対策だけど、これならある程度ニオイ対策にもなりそうですよね。

確か、2000円とか3000円くらいで、フィルターが交換できるようになってたので、来年も使う事ができる感じでしたよ。

 

 

スポンサーリンク

カビキラーのニオイ、吸い込んだらどうなるの?危険?

わたしは、換気状態がよくない状態で、カビキラーをつかってお風呂を掃除したら、すごく気分が悪くなっちゃったんですよね。

 

やっぱり、カビキラーのニオイを吸い込みすぎると、体に悪い、害があるんでしょうかね?

 

特に、普通に使っている分には、問題はないんですよね。

ただ、体質とかもあるので、気分が悪い!と感じたら、すぐに、その場を離れて、空気の良い場所で休むことが大事です。

 

明らかに刺激臭を感じた場合は、すぐにその場をを離れて、換気して、空気が整うまで離れて待機!

ちなみに、カビキラーの公式サイトには、緊急時の応急処置の仕方や、連絡先などが掲載されているので、そのページを事前に確認しておくといいかもしれませんね!

 

キッチンペーパーでカビキラー湿布したあとの捨て方

カビキラーの使い方などで、キッチンペーパーやラップで、しばらく湿布状態にして、十分染み込ませるって使い方がありますよね?

 

確かに、効果はあるんですよね。

やっているところとやっていないところでは段違い。

 

テレビの大掃除特集なんかでもよく見かけます。

 

ただ、カビキラーの匂いが苦手なわたしとしては、問題は、カビキラーのついたキッチンペーパーの捨て方。

 

匂いも残ってるし、ビニール袋に入れちゃうと、燃えるゴミ、燃えないゴミの分別で問題になるし。。。

どうすればいいの?

 

匂いが気になるなら、ラップでのパックがおすすめ。

 

キッチンペーパーでも、水に溶けにくいモノなら、匂いが気にならなくなる程度に水洗いしてから、新聞にくるんで捨てるのがいいかもしれませんね。

 

 

良かったらシェアお願いします!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。