電動自転車は雨の日にはバッテリー外すべき?屋根がない駐輪場

電動自転車を持っていると気になるのが雨の日とか雪とか水に濡れても大丈夫なの?ってこと。

スポンサーリンク

電動自転車を置く場所に屋根がないときとかは、やっぱりバッテリー外すほうがいいんでしょうかね。

梅雨時期は、ゲリラ豪雨とかで急な大雨とかあるし、どうしたらいいのか心配。

 

スポンサーリンク

電動自転車は雨の日でも普通に乗れる?

電動自転車は、自転車メーカーさんのホームページなどをみると、日常的な雨くらいであれば特に濡れても問題ないらしい作りになってるみたいですよね。

ただ、梅雨時期とかはいきなりのゲリラ豪雨などもあるし、家で自転車を置く場所に屋根がない!って場合だとやっぱりバッテリーだけでも外しておいたほうがいいかな?って思ったりするんですが。

 

日常の生活防水対策はされている

↑でも紹介したように、日本の電動自転車メーカーさんでは、基本的には日常での生活防水的な作りにはなってるみたいなんですよね。

なので、雨の日でも自転車で保育園とかに送ったり、自転車通勤したりってことは問題なさそう。

 

あと、まっすぐ立った状態、つまり普通に乗る状態であれば、生活防水対策されているのでシャワーくらいの感じで雨がかかっても故障したりって可能性は低いみたいです。

ただ、駐輪場とかに置いていて、風が吹いたりして自転車が倒れて横になった状態だとけっこうやばいみたい。

立った状態では防げる水も横にした状態だと電気系統に入ったりしやすくなるのかもしれませんね。

 

屋根がない駐輪場なら大雨対策でバッテリー外す?

電動自転車のメーカーさんも生活防水対策されているってことなので、梅雨時期とか雨が降るからバッテリー外すということはしなくてもよさそうです。

とくに、電動自転車を置くスペースに屋根とかあればなおさら。

 

雨ざらしであってもまっすぐ立っていれば雨が入るとかってことはなさそうなので、雨のたびにバッテリーを外すとかは気にしなくてもいいのかもしれませんね。

 

ただ、天気予報などで大雨への警戒とか警報級の雨が予想される時などは、可能であれば家の中に入れておくなどして対策するほうがよさそうです。

家の中にはいれておけないし、駐輪場にも屋根がないから外に置くとなると大雨の中雨ざらしになっちゃうってことであれば、雨よけの自転車カバーをかぶせて、倒れないように固定するなどしておくといいかも。

その時にバッテリーも外しておくと安心かもしれませんが、海外製品とかメーカーによって対策方法にも違いはあると思うので、購入したお店で対策方法は確認しておくのが確実です。

 

 

駐輪場では雨ざらしは避けて雨対策の自転車カバーをかける?

↑でも紹介しましたが、最近は、警報級の大雨とかって珍しいことではなくなってきています。

なので、電動自転車が雨で故障しないように日頃からケアしておきたいところ。

 

自転車なので外に置いているケースが多いと思うのですが、そのときに屋根のない駐輪場だと雨対策の自転車カバーとかを利用したりしますよね。

 

確かに、雨対策のカバーがあれば、雨に直接濡れるってことは防ぎやすくなるのですが、一つ気をつけないといけいのが、自転車カバーをすると、突然の強い風とかで自転車が倒れてしまうということ。

自転車だけなら風が抜けて行くケースでも、自転車カバーがかかっていると、もろに風をカバーが受けてしまうので倒れやすくなっちゃうみたいなんです。

 

なので、自転車カバーをかける場合は、倒れないような予防、対策もしておく必要があるようです。

風で自転車が倒れてしまうと、横からの雨で電動自転車にダメージになりやすいし、倒れることで破損とか故障の原因にもなりやすいですからね。

良かったらシェアお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。