お彼岸にお墓参りに行けない時どうすれば?行かないと罰当たる?

一時期の猛暑が落ち着いてきたかな?と思っているとすぐに敬老の日。

スポンサーリンク

そして、すぐに秋のお彼岸。

お彼岸にはお墓参りに行くってのが、私の家は決まりみたいなのがあったけど、コロナの影響とかいろいろ用事があってなかなかお彼岸にお墓参りにいけない!ってこともありますよね。

お墓参りに行けないときはどうすればいいんでしょう?

 

スポンサーリンク

お彼岸にはお墓参りは行かないとダメ?

田舎の方だと春、秋のお彼岸、そして加えてお盆にはお墓参りするのが当たり前!みたいになってるとろこ多いと思います。

わたしは小さい頃からそれが当たり前だったので、なんら違和感はないけど、都会暮らしの人だとそういう習慣はなかったりするのかもしれませんね。

でも、都会暮らしの人でも先祖のお墓はあるだろうし、どうなんだろ?

 

お彼岸のお墓参りの由来

そもそもなんで春、秋のお彼岸にお墓参りをするのが習わしみたいになっているんでしょうね?

 

彼岸というのはどうやら仏教用語のようですね。

”あの世”とか”悟りの境地”とかそういう意味合いがあるみたい。

 

なので、きっとあの世に行ったご先祖様たちや仏さまたちと向き合い、感謝したりするきっかけの日にするといいんじゃない?というような意味合いがあるのではないでしょうかね。

 

仏壇に手を合わせるだけじゃダメ?

ご先祖様や仏様と向き合って、自分を見つめ直すとか感謝するとかってことであれば、家に仏壇がある方であれば、仏壇に手を合わせるってことではダメなんでしょうかね?

やっぱりお墓参りをすることに意味があるのかな?

 

でもお墓参りになると、今住んでいるところからお墓が近い人ばっかりじゃないですもんね。

 

わたしの同級生にお寺の息子さん(立派な後継ぎさんになってます)がいるんだけど、その子に聞いてみたんです。

そしたら、お墓参りできない場合は、仏壇に向かって手を合わせてご先祖様たちに挨拶をするとか、家に仏壇がない場合であれば、静かな場所で目をつぶって(つぶらなくてもいいらしい)、ご先祖様のことを思い浮かべて感謝をするというだけでもいいらしいです。

 

スポンサーリンク

お墓参りしないと罰が当たる?

同級生のお坊さんにいろいろ話を聞いていたら、

「お墓参りをしないと罰が当たる!なんてこと無い」

って言ってました。

 

ちょっと前に「千の風にのって」?でしたっけね、歌がありましたよね。

あの中にもあったけど、ご先祖様の霊はお墓にだけいるんわけじゃないらしい。

もちろんお墓参りができる状況であれば、お墓に参ってお掃除したり、ご先祖のことを思い出して話しかけてみたりってのもいいこと。

 

だけど、お墓参りをしないと運気が悪くなる、悪い事が起きる!みたいなことはないんだって。

ご先祖様は子孫の幸せを願っている

だけどテレビとかでよく「お墓参りしないと不幸になる!」みたいなこと言ってるよ!って聞いたら、不安になるような情報は見ないほうがいい!ってさ。

 

だいたい、ご先祖さんっていうのは、自分の子孫に幸せになってほしいって思っているはず。

なのに、お墓参りに来ないから不幸にしてやる!なんて考えたりしない!といわれ、まぁ確かにそのとおりだなぁ~とは思いました。

 

自分の子供を不幸せにしようなんて、ほとんどの場合思わないですよね。

 

だから、お彼岸なのにコロナやお仕事とか都合でお墓参りに行けない!からといって自分を責める必要はないようです。

 

ただ、お墓参りにはいけないとしても、家で親とか祖父母とかが好きだった食べ物を作ったり、買ってお供えしたり、思い出ばなしをしながら食べるとか、そういう時間をつくるといいんでしょうね。

 

2021年秋のお彼岸の日程

2021年の秋の彼岸は

彼岸入りが9月20日(月)で彼岸明けが9月26日(日)

だそうです。

 

祝日になる秋分の日の9月23日は、中日になるそうですよ。

 

彼岸の時期にお墓参りとかするのがいいんでしょうけど、お彼岸にいけなければ行けるときに行くようにするといいんじゃないでしょうかね。

良かったらシェアお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。