炭酸水メーカーでカートリッジ不要のコスパのいいモノがないか探してみた!

ハイボール好きなので、けっこう炭酸水買うんですが、友達からも、

スポンサーリンク

「炭酸水メーカー買ったほうが得なんじゃないの?」

って言われて、たしかに、アンジャッシュの渡部さんとかがCMやってるような、炭酸水メーカーもいいかも?なんて。

でも、炭酸水メーカーって、炭酸ガスのカートリッジとかが値段高いイメージあるんですよね。

炭酸水メーカーでカートリッジ不要のモノがあれば、カートリッジの処分もいらないし、コスパもよさそう。

そんなカートリッジ不要の炭酸水メーカーってあるのかな?と思って、探してみました。

 

スポンサーリンク

炭酸水メーカーでカートリッジ不要のものはあるの?

わたしは、機械オンチなので、炭酸水メーカーがどういうものかのイメージはあるんですけど、仕組みとかよくわかっていなかったんですよね。

 

今回、炭酸水メーカーでカートリッジ不要のモノがあるのかな?と思って調べてみて、はじめて、

”炭酸水メーカーは2種類ある”

ということを知りました!

 

その2種類というのが、カートリッジタイプとシリンダータイプ。

 

カートリッジタイプというのは、炭酸ガスのはいったカートリッジを付けて水に炭酸を注入するもの。

シリンダータイプというのは、ガスボンベみたいになっていて、その中に炭酸ガスがはいっているもの。

 

シリンダータイプなら、1本でたくさんの炭酸水を作ることができるというメリットがあんです。

 

ちなみに、アンジャッシュの渡部さんが出てる?出てた?CMのソーダストリームってのは、このシリンダータイプになるそうです。

 

 

シリンダータイプとカートリッジとの違いって何?

炭酸水メーカーには、カートリッジタイプとシリンダータイプってのがあるんですね。

 

その違いってなんなの?ってことなんですが、大雑把にいうと、1回ぽっきりか、ガスがなくなるまで何回も使えるか?の違いみたいです。

 

でも、結局は、ガスがなくなれば、シリンダーだろうが、カートリッジだろうが、交換しないといけないわけですよね。

というか、結局カートリッジがシリンダーになっただけで、そういう炭酸ガスボンベってのはいるわけだから、カートリッジ不要!というわけにはならないってこと。

 

楽天やamazonで探すとカートリッジ不要で商品が見つかるけど

炭酸水メーカーでカートリッジ不要のモノを探すときに、楽天とかamazonで探してみると、商品が出てくるんですよね。

で、たしかにカートリッジ不要ってことなんですが、それがだいたい”シリンダータイプ”の炭酸水メーカーのことなんですよ。

 

だから、純粋にカートリッジ、取り替えの炭酸ガスボンベ不要!ってことではないわけ。

 

これはちょっとがっかり。

 

といっても、たしかに、炭酸水をつくるには、炭酸ガスが必要なわけで、カートリッジ不要となれば、その炭酸ガスはどこから持ってくる?ってことになりますよね。

 

ということで、結論としては、いわゆる炭酸水メーカーでカートリッジ不要のモノってのはない!ってことですね。

 

スポンサーリンク

シリンダータイプとカートリッジタイプ、コスパがいいのはどっち?

そうはいっても、炭酸水をせっせとスーパーとかで買うのももったいない気がして、自宅で鮮度のいい強炭酸水とか作れるならそれはそれで喉の刺激を求めるワタシとしてはうれしい。

 

となると、炭酸水メーカーを選ぶときに、カートリッジタイプとシリンダータイプのどっちを選べばいいの?ってことですよね?

 

コスパがいいのは、どっちなんでしょう?

 

コスパで選ぶなら!

炭酸水メーカーは、本体、そして炭酸ガスがセットで、炭酸水を作ることができます。

 

なので、炭酸ガスにかかる費用が安いほうがコスパがいい!ってことになりますよね。

 

もちろん1回限りでそれ以降は使わないって場合は違いますが。

それだったら、市販の炭酸水を買うほうが断然コスパいいですけどね。

 

それはさておき、カートリッジタイプとシリンダータイプは、どっちがコスパがいいのか?

 

いろんな炭酸水メーカーの紹介情報を見比べてみても、ほぼ、カートリッジタイプよりもシリンダータイプのほうが、コスパがいい!という結論になっています。

その理由は、カートリッジタイプは、1回限りで交換しないといけないけど、シリンダータイプは、ガスが無くなるまで繰り返し使えるから。

 

シリンダー1本で作れる炭酸水と、カートリッジ1本あたりで作れる炭酸水の費用を比較してみると、一般的にはシリンダータイプのほうが、安くなる傾向なんですよね。

 

もちろん、中には激安のカートリッジなんてモノもあったりするので、あくまでも一般的にはということになりますが。

 

保存期間の長い炭酸水メーカーもあります

単純に比較をすれば、カートリッジタイプよりも、シリンダー式のほうがコスパはいい傾向にあります。

ただ、商品によっては、カートリッジタイプでも、性能面でおすすめってものもあるんですよね。

 

わたしも炭酸水メーカーのことを調べていて、はじめて知ったんですが、炭酸水なのに3日とか4日も保存できる!って炭酸水メーカーもあるんですよ。

 

飲食店とかバーとかの業務用向けの商品らしいんですけどね。

でも、作り置きできるのは、面倒くさがりのワタシとしては嬉しいかも!

日本炭酸瓦斯 NTGステンレスサイホンって商品みたいです。

 

 

炭酸水メーカーのカートリッジなどの捨て方

炭酸水メーカーを買うかどうかで迷っている理由の一つに、使い終わったカートリッジの捨て方ってのもあるんですよね。

 

カートリッジタイプのモノは、基本的に

”不燃物ゴミ”

として捨てることができるそうです。

 

自治体によっては、スチール製品として分別して捨てないといけないところもあるとおもいます。

お住まいの自治体のゴミ分別でチェックしてみてくださいね。

 

使い終わったものは、それでいいんですが、未使用の場合は、ガスを抜いてから捨てないといけません。

 

シリンダータイプの捨て方は?

では、シリンダータイプの場合はどうなの?ってことなんですが、こちらは、ソーダストリームの公式サイトを参考にさせてもらったんですが、ゴミで捨ててはいけないそうです!

 

 

 

法律で禁止!って、こりゃこりゃって感じです。

 

ソーダストリームの場合は、店舗やオンラインショップで、交換や返送という方法になるようです。

返送の場合は、送料は着払いでいいみたいです。(わたしが見た時点では)

 

こうなると、なんとなく、簡単に処分ができるカートリッジタイプのほうが良さそうな気もしてきますね。

 

 

もうしばらくは、スーパーなどで強炭酸水を箱買い!するのがいいかなぁ~。

 

 

 

 

 

良かったらシェアお願いします!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。