ヒートテックなど吸湿発熱繊維のインナーで肌が乾燥して肌荒れ!何着ればいいの?

アナウンサーの羽鳥さんがやってる、モーニングショーって番組で、冬の乾燥肌対策を紹介してるのをみました。

スポンサーリンク

 

その中で、寒い冬には欠かせないユニクロのヒートテックなどのインナーを着ると、肌が乾燥して痒くなる!って情報があったんです。

 

わたしも、ヒートテックは着たことあるけど、かゆくなる!って経験はなかったから、ちょっと驚きだったんですよね。

どうやら、ヒートテックの副作用ってわけじゃないでしょうけど、肌が乾燥しやすくなってしまうこともあるようです。

 

スポンサーリンク

ヒートテックで肌が乾燥して肌荒れする原因は?

このヒートテックなどあったかインナーを着ることで、お肌が乾燥してかゆくなる、肌荒れする!っていうのははじめて聞いたんですよね。

でも、ネットとかで調べてみると、けっこう悩んでいる人多いんですね。

 

ヒートテックだけじゃなくて、いわゆる

”吸湿発熱繊維”

っていう素材を使ったインナーを着ることで、肌が痒くなったりするそうです。

 

吸湿発熱繊維って何?ってことなんですが、わたしもうまく説明できないので、ウィキペディアを見た方がわかりやすいかもです。

 

まぁ、簡単にいえば、汗を吸って、それが化学反応?で熱を発する!ということみたい。
(間違ってたらすみません)

 

つまり、お肌の水分を吸収というか、吸湿するわけなので、お肌の水分量が減る!ってことが原因みたいです。

 

 

スポンサーリンク

ヒートインナーでのかゆみは3人に1人も

わたしも調べている中で、びっくりしたんですけど、ヒートテックなど吸湿発熱繊維をつかったヒートインナーを着て、かゆみなどで困った経験がある人は、なんと3人に1人の割合なんだそうです。

 

ただ、ヒートインナーでの肌の乾燥、かゆみの原因は、何も、吸湿発熱繊維だけの問題ってわけじゃないみたい。

 

吸湿発熱繊維は、原因の一つで、他にも原因となるものがヒートインナーにはあるんだそうです。

 

その中でも大きなモノとしては、お肌とヒートインナーの擦れによる摩擦。

これが、けっこう原因として大きいみたいです。

 

顔でもそうですが、洗顔するときには、あまり激しく顔をこするのはよくない!っていいますよね。

 

服を着ているときは、そんなに気にしてなかったけど、よく考えれば、服って、お肌と接触しているわけだから、ネててもこすれるだろうし、普通に生活していれば、なおさらでしょう。

 

そう考えると、ヒートインナーってのは、あまり良くないんでしょうかね?

 

ヒートインナーが合わない人は何を着ればいいの?

ヒートテックなどヒートインナーが肌に合わない!から、すべての人によくない!ってわけでもないんですよね。

当然ですけど。

 

ただ、かゆみを感じてしまうようであれば、いくら寒い冬のつよい味方だとしても、着るのはどうかと思います。

 

とはいっても、寒い中で、あったかインナーを着ないというのも辛い。

 

となると、どういうモノをヒートインナーの代わりに着ればいいのか?

 

ネットなどで探してみると、

無印良品の『綿であったか』シリーズ

ベルメゾン『ホットコット』シリーズ

が人気みたいです。

 

無印の綿であったかシリーズのインナーは、値段も、1枚1000円台ってことで、比較的リーズナブル。

 

ユニクロのヒートテックと比べると割高になっちゃいますけど、まぁ、それで肌がかゆくならない、乾燥しないなら、お金を出す価値はありますよね。

 

無印の製品は、イメージ的に高品質!って感じもありますし。

 

 

もう一つの、ベルメゾンのホットコットですが、こちらも、値段は1000円台なので、無印と一緒ですね。

ホットコットシリーズのインナーは、化繊のインナーよりも1℃ほど暖かくなるらしいですよ。

 

口コミでも評判になっていますし、カタログ通販(ネット通販でも買えますが)なので、店舗が近くにない!なんてこともないのもいいですよね!

 

良かったらシェアお願いします!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。