箱根駅伝の応援は2021年の大会は応援自粛ってどこまでなの?

お正月の風物詩といえば、私の中では箱根駅伝。

スポンサーリンク

毎年、いろんなドラマがありますよね。

そんな箱根駅伝ですが、2021年の大会は、コロナ禍で開催が危ぶまれてましたが、とりあえずは開催の様子で一安心。

まぁ、コロナウィルスの感染状況が拡大している状況の中では、不安もありますが、選手はやっぱり走りたいですよね。

そんな箱根駅伝ですが、20201年の大会は、応援に関しては、やっぱり沿道での応援は自粛が呼びかけられているみたいですよ。

------------------------------------

2021年箱根駅伝往路優勝は?

追記:2021年の往路優勝は創価大学でした。

おめでとうございます。

沿道の応援、テレビでみてましたけどやっぱり例年よりは少なかったですね。

------------------------------------

 

スポンサーリンク

箱根駅伝の応援自粛は沿道には行っちゃだめ?

毎年箱根駅伝を楽しみにしていて、お正月には、そのために箱根のホテルなどに宿泊して応援する!って人も多いみたいですよね。

わたしも、お金に余裕があれば、そういうこともやってみたいです。

 

ただ、2021年の箱根駅伝に関しては、主催する関東学生陸上競技連盟さんからも、

「沿道での応援は自粛してほしい!」

というお願いが出ているみたいですね。

 

確かに、選手や大会関係者などに感染してしまって、クラスターが発生しても大変だし、応援している人たちの間で感染が広がっても大変ですもんね。

 

でも、やっぱり、頑張っている選手たちを、声で応援したくなりますよね。

 

実際問題、箱根駅伝の応援自粛って、どこまでが対象になっているんでしょう?

 

関東学生陸上競技連盟のホームページを見たら!

そこで、主催の関東学生陸上競技連盟のホームページをチェックしてみました。

すると、

『箱根駅伝の応援に関するお願い』

という掲載がありました。

 

関東学生陸上競技連盟ホームページ
https://www.kgrr.org/
そのページの一番下に、

 

”応援したいから 応援に行かない”

 

という1文が。

 

あ~、確かにそうですよね。

 

胸にグッとくる一文です。。。

 

 

たとえ、声を出さないということでも、やっぱり沿道での応援は、大会運営のため、選手たちのためにも、今回は自粛をしたほうがいいようですね。

 

 

まぁ、私の場合は、毎年テレビでの応援なんですが、ただ、沿道に応援する人たちがいない、箱根駅伝も、ちょっと違和感というか、不思議な感じはするんでしょうね。

 

高校駅伝も沿道での応援自粛だったけど

箱根駅伝は沿道での応援自粛なんだけど、京都を走る高校駅伝も沿道での応援自粛だったみたいですね

わたしもちょろっと見てたんですが、確かに、沿道で応援している人は少なかったですね。

でも、やっぱりテレビで見る限りでも、それなりに沿道で応援している人も。

 

やっぱり、応援したくなりますよね。

気持ちはわかります。

 

自粛ってことなので、強制にはできないんでしょうしね。

 

なかなか難しいところですね。

 

 

スポンサーリンク

ビルの上からとかどうなんでしょう?

正直、箱根駅伝のコース周辺に住んでいるわけじゃないから、沿道応援とか自粛ってなっても「へぇ~そうなんだ」って感じなんですが、駅伝コースの近くに住んでいる人にとっては、

「お正月が来た感じがしない!」

って思ったりしちゃうんでしょうね。

 

コースが見えるお宅などであれば、家から応援ってこともできるでしょうけどね。

 

例えば、コース沿道での応援はダメでも、ビルの屋上とかからだったら大丈夫とかあるんでしょうかね?

 

選手や関係者への影響がなければいいのかな?なんてのもダメなんでしょうね。

 

 

良かったらシェアお願いします!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。