冬に大雪などで停電したら暖房、防寒対策や備えはどうしておけばいいの?

寒波の影響で記録的な大雪など降雪で、停電!なんてニュースも。

スポンサーリンク

テレビのニュース映像で積もった雪をみると、正直、怖いくらい。

子どもたちが雪だるまとか作っている映像は微笑ましいんだけど。。。

 

特に、大雪の影響で電線が切れたりして、停電になっている地域のニュースをみると、この寒さの中、どうやって過ごしているんだろう?大丈夫なの?って心配になっちゃいます。

 

スポンサーリンク

極寒の冬の停電で暖房はどうすれば?

わたしの小さい頃でも、ストーブも電気を使わないようなタイプのものもあったけど、ほとんどはファンヒーターみたいな電気を使うタイプになってたような気がします。

 

今は、オール電化の家とかも多いし、そういう方にとっては停電になったら大問題ですよね。

夏場でも停電はつらいけど、冬の今回のような極寒ともなると、どうしたらいいのか?

 

すぐに電気がなくても使える石油ストーブを買いに行けるならいいけど、これだけの大雪になったら買いに出かける事自体が危険!ってことにもなりますよね。

 

いろんな危機管理のサイトとか見たりしたんですが、やっぱり事前の準備、備えが大事!みたいな内容が多いです。

 

雪になれた地域の方なら、そういう備えもあるのかもしれないけど、そうでない場合はねぇ。

 

スポンサーリンク

ガスも電気が必要だったりするし

寒さ対策には、とにかく暖をとること。

となれば、”火”ですよね。

 

火といえば、ガス。

 

でも、最近のガスコンロも電気がないと着かないなんてものもあったりしますよね。

わたしが若い頃使っていたのは、電池で動くやつだったけど、そういうのであれば、とりあえず火をつけてお湯を沸かしたり暖をとることもできますよね。

 

最近は、地震とか豪雨など水害など防災対策で、ガス缶を使う卓上のガスコンロを持っている人も多いかも。

そういうものをつかって、少しでも体を温めるようにするのがいいんでしょう。

 

もちろん、部屋の温度も相当下がっているでしょうから、毛布などで体を冷やさないようにしつつってことになりますけどね。

 

 

家の中で焚き火ってわけにもいかないし

最近は、キャンプとかはやっているけど、さすがに家の中で焚き火をするわけにもいかないですよね。

 

昔の家のように、土間とか、囲炉裏があればいいんでしょうけどね。

 

そう考えると、昔の家はよくできてたのかもしれませんね。

もちろん、断熱とか気密性とかは低いでしょうけど、火をつかっても一酸化炭素が充満しないようになっているんでしょうから。

 

スポンサーリンク

防災グッズのアルミ毛布ってどう?

災害時などに活躍する防災用のリュックセットとかの中には、寒さ対策で活躍するアルミ毛布とか入っているものもありますよね。

テレビでみたけど、あのアルミシートってすごく温かいらしいですよね。

 

もちろん、なければ使うことができないんだけど、こういうときのために、持って置くべきなのかも。

 

アルミシートほどではないけど、新聞をとっている方なら、新聞を空気の隙間ができるように丸めたりしてビニール袋にいれて、そこに足などを入れると暖が取れるっていいますよね。

あと、新聞を腹に巻くだけでも暖かくなるみたいですよ。

 

 

本来は、いざというときに備えていろいろ防寒の用意をしておくというのがいいんでしょうけどね。

 

 

 

 

 

良かったらシェアお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。