ミャンマー産コーヒー豆をつかったコーヒーギフトっておしゃれかも!

お歳暮なんてまったく縁のない生活なんですが、コロナ禍でなかなか親しい人でも、会うことが難しかった今年、お歳暮とか贈り物をする人が増えてる!ってニュースを見かけました。

スポンサーリンク

ギフトといって思いつくのが、CMでもおなじみの

”コーヒーギフト”

 

コーヒー好きの私としては、もらって嬉しいモノでもあるので、贈り物としても選びやすいかなぁ~なんて。

でも、普通にコーヒーの詰め合わせとか贈るより、ちょっとめずらしいおしゃれなモノを!なんて思ったり。

なんの番組だったか忘れたけど、たぶん、マツコ会議だったかなぁ~?(違ってたらゴメンなさい)

ミャンマー産のコーヒー豆が人気!

ってのを紹介してたんですよね。

 

スポンサーリンク

ミャンマーってコーヒー豆有名なの?

コーヒー好きって言っておきながら!なんですが、ミャンマー産のコーヒー豆が人気ってのをしりませんでした。

そもそも、ミャンマーってアジアってのはわかるけど、コーヒー豆を栽培しているイメージが全くありませんでした。

 

でも、逆に、それだけミャンマー産のコーヒー豆って珍しい!ともいえますよね。

どうせコーヒーギフトとして贈るなら、これくらい希少性のあるものを選んで贈るほうが、おしゃれな感じもしませんか?

 

まぁ、コーヒー好きの人にとっては、すでに常識で、そんなに珍しいモノでもないのかもしれませんが。

 

実際、ヤフーショッピングとかamazonとかで調べてみると、けっこうミャンマー産のコーヒー豆って出てきますね。

 

値段は、決して安い!ってわけじゃないけど、まぁ、めちゃくちゃ高い!ってわけでもない感じ。

 

今度、買って見ようかな!

 

 

スポンサーリンク

コーヒーギフトでミャンマーコーヒーを贈るならクラフトコーヒー?

ミャンマー産のコーヒーが気になって、コーヒーギフトとしてもそうですが、いろいろ調べていると、面白い商品もけっこう出てるんですね。

なかでも、わたしが気になったのが、ミャンマー産のコーヒー豆を使った

”クラフトコーヒー”。

 

クラフトコーヒーとは、まぁ、ご存知の方も多いでしょうが、言ってみたいので、あえて説明しちゃいますね。

まぁ、一言で言えば、抽出したコーヒーを瓶詰めした商品ですね。

 

クラフトコーヒーの良さは、コーヒー豆本来の香りとか味わいなんかが、長持ちして楽しめるってことみたいです。

 

自分で豆を挽いて入れてみたい人にとっては、それほどでもないかもしれないけど、わたしなんかは、自分で淹れるコーヒーもいいけど、やっぱり、その日の気分とかで、味が変化するんですよね。

せっかくのミャンマー産コーヒーなら、いつでも美味しくいただきたい!

 

そういう人にとっては、クラフトコーヒーはとっても便利。

瓶から注ぐだけで、豆本来の味わいなんかが楽しめるわけですから。

 

ただ、ミャンマー産のコーヒー豆をつかったクラフトコーヒーって、どこででも売ってるわけじゃないんですよね。

少なくとも、わたしが住んでいる地域では売ってるところはみたことがない。。。

 

ネットでも、わたしが知ってるのは、”UNI COFFEE ROASTERY”ってところくらいかな?

 

UNI COFFEE ROASTERYは、横浜に店舗がある今注目のショップらしいですよ。

 

 

ミャンマー産のコーヒーって無印良品でも!

ミャンマー産のコーヒー豆は、調べてみると、けっこういろんなところで販売がスタートしてるみたいですね。

中でも、ニュースでみたんですが、無印良品でも一部店舗やネット通販で販売を開始してるみたい。

 

良かったらシェアお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。