桃太郎の本当の話は鬼よりも桃太郎が悪者だった!小学生が調べた真実

桃太郎の本当の話ってのが、サンドイッチマンと芦田愛菜ちゃんの『博士ちゃん』って番組で紹介されて話題になってますね。

スポンサーリンク

なんてったって、ある意味、正義の味方的な存在の桃太郎が、実は悪いヤツだった!なんて。。。

 

スポンサーリンク

桃太郎の本当の話を聞くとたしかに鬼がかわいそう!

桃太郎の本当の話をテレビ番組の『博士ちゃん』で紹介してくれたのは、千葉県の小学生。

桃太郎は盗人なのか?―「桃太郎」から考える鬼の正体という本まで出版していて、すでに1万冊を超える発行部数になっているらしいです。

 

 

桃太郎について調べるために、桃太郎や鬼に関する本を読みまくったそうで、説明もすごくわかりやすかったですね。

 

で、どうして今のワタシたちが知っている桃太郎と本当の話が違うのか?

桃太郎の話は、かなり古くから語り継がれているみたいですが、文献として絵本?のような感じで残っているのが江戸時代のものなんだそうです。

 

その、江戸時代に書かれた桃太郎の内容が、まぁ桃太郎ひどい!

ただ、その前に、桃太郎が生まれるシチュエーションも本当の話は違うんですよね。

 

桃太郎は桃から生まれたんじゃない!

桃太郎伝説は、全国各地にあるみたいですけど、一般的に知られているのは、おばあさんが川で洗濯をしていたら、どんぶらこと大きな桃が流れてきて、それを家に持って帰って、おじいさんが斧で切ったら、元気な赤ちゃんが誕生!ってもの。

 

だけど、桃太郎の本当の話では、流れてきた桃を家に持って帰るのは同じなんですが、その桃をおじいさんとおばあさんが食べちゃう!

すると、あらまどうしたこどでしょう!若返ってしまったではありませんか!

んでもって、若返ったふたりが、まぁ、あれやこれやとなりまして、その結果、桃太郎が生まれるという。

 

つまり、桃太郎の本当の話では、桃太郎はおじいさんとおばあさんの実の子ども!ってことなんです。

 

桃太郎は自分の力を試したかった?

まぁ、そんなこんなで成長していった桃太郎。

元気で、力自慢に成長したそうです。

 

すると、やっぱり力を持つと、その力を試してみたくなるんですね。

 

そんなときに、鬼ヶ島ってのがあって、そこに力試しに行きたい!って言うわけです。

 

で、いきなり、鬼ヶ島に乗り込んで、鬼たちをやっつけちゃう!

 

しかも、鬼たちのお宝、全部自分のものにしちゃうという。。。

 

鬼たちも、「死ぬくらいならお宝あげちゃいます!」みたいな感じの悲壮感。

 

江戸時代の書物では、鬼の上に座ってる桃太郎の姿も。

 

どうやら、鬼たちは何も悪いことをしていたわけじゃないけど、桃太郎がやってきてやられた上に、お宝を持っていかれるという散々な状態。

 

これが、桃太郎の本当の話!なんだそうです。

 

 

スポンサーリンク

桃太郎の歌は5番まであった!

わたしたちが知っている桃太郎ですが、歌も有名ですよね。

♪ もーもたろうさん、桃太郎さん お腰につけたきびだんご~ ♪

ってヤツ。

 

あの歌も、実は、5番まであって、4番と5番が、これまたけっこうエグい歌詞になってるんです。

 

鬼を痛めつけて、略奪!的な感じ。

 

子どもに、「この歌詞どういう意味?」って聞かれたら、なんと答えていいのやら。

 

 

正直、この本当の話が一般化されちゃうと、お遊戯会とかで桃太郎やれなくなっちゃいますね。

 

 

桃太郎が今のような話になった理由

でも、桃太郎の本当の話を聞くと、なんで、それが今は、逆転というか、鬼が悪者で、桃太郎がいいヤツになったのか?って気になりますよね。

 

ここもちゃんと調べてくれていて、なんと、桃太郎の話が大きく変わる年代というのは、明治になってから。

しかも、ちょうと日本が今の中国である清と日清戦争を行う時代と重なるそうです。

 

つまり、海外に悪いやつがいるからやっつけに行く!という雰囲気を出そうとしたのでは?ということでした。

 

まぁ、言われてみると、そういうこともあるのかな?という感じはしますよね。

 

だって、博士ちゃんで描かれていた桃太郎、めっちゃ嫌なヤツだったんですよ!

それが、今では、犬、さる、雉を連れて鬼退治。

 

真反対の状況になるには、なにか特別な理由がないと変ですもんね。

 

この、桃太郎の本当の話というか、桃太郎盗人説というのは、芥川龍之介や福沢諭吉なども紹介していたらしいですよ!

 

 

スポンサーリンク

サンドイッチマンも桃太郎のネタあるけど今後内容変わる?

この桃太郎の本当の話を紹介したのは、サンドイッチマンの番組なんですけど、実は、サンドイッチマンも桃太郎を摂りれたネタをやってるんですよね。

 

けっこうテレビとかでもやってるネタなんですよ。

 

でも、この本当の話をきくと、ネタの内容も変わってくるのかな?って他人事ながら気になっちゃいます。

 

サンドさんなら、どういうように切り口を変えるのか?ってにも、逆にみてみたいですけどね。

 

 

 

 

良かったらシェアお願いします!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。