炭酸ってこんなにスゴイらしい、炭酸泉の温泉(スーパー銭湯)で聞いたはなし

炭酸って、最近話題ですよね。

美容や健康面で効果があるということで、最近は炭酸の美容商品もたくさん発売されています。

 

でもどうしてこんなに炭酸水や炭酸泉といった炭酸がフューチャーされているのでしょう。

 

わたしが子供の頃は、炭酸飲料を飲むと“骨が溶ける!”なんていわれていて、どちらかというと炭酸というのは体にとっては悪いモノってイメージがありました。

ですが、炭酸はヨーロッパなどでは伝統的医療にも使われている体にとって有効的なモノなんですよね。

 

またヨーロッパのレストランに行けばガス入りの水が出されるのが当たり前ですし、それが美容にも良いということでヨーロッパの炭酸水がバカ売れした!なんてこともありました。

 

もちろん、日本でも昔から炭酸を生活の中で用いています。
そのひとつが炭酸の温泉、“炭酸泉”です。

 

炭酸泉というのは日本でもいくつかあって、炭酸泉に入ると傷が早く良くなったり、古傷の湯治などで利用されていた!とスーパー銭湯で隣り合わせた方が、アツく語っておられました。

最近では床ずれの治療などにも炭酸が利用されたりもしていますし、美容面では炭酸ミストや炭酸パック、冷えの解消などいろいろな使われ方がされるようになっていて、芸能人とかモデルさんとかも炭酸コスメを使っている人がといっても多いみたいですよね。炭酸化粧水 ランキング

 

炭酸が健康や美肌に良い!という話をよく聞きますが、どうして炭酸が体やスキンケアなどに効果的なのか?というのは具体的に分かっている人は、炭酸を使っている人の中でもそれほど多くはないと思います。

 

では、炭酸ってそもそもなんなのか?というと、炭酸は二酸化炭素と水が反応して出来るものです。二酸化炭素といえば呼吸を行う中で出てくる言ってみれば老廃物の一つです。

でもその炭酸がどうして体に良いのか?というと、二酸化炭素というのは、老廃物として血液の中に生じると、体が老廃物を取り除こうとするので、血管が拡がって血流がよくなります。

また、酸素を運ぶ役割のあるヘモグロビンというのがあるのですが、このヘモグロビンから酸素を切り離す役割をするのが二酸化炭素なんです。
血液中に二酸化炭素が入ると、ヘモグロビンは持っていた酸素を切り離し、入ってきた二酸化炭素を捕まえ排出します。そして、ヘモグロビンから離れた酸素は細胞の中に入っていくわけです。

ですが、二酸化炭素って、歳とともに量も少なくなっていくそうなんです。

だからこそ炭酸を利用して体を活性化させるということになるわけですね。

 

もちろん、それ以外にも美肌への効果という面では、炭酸の発泡効果で、毛穴の中の汚れなどもしっかりとキレイにすることができるので、洗顔石鹸や洗顔料を炭酸水で泡立てて使えば、汚れがとれて美肌、美白効果も期待できますし、炭酸がたんぱく質に付着するという作用もあるので、皮脂汚れなどを取り除けるという面もあります!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ