在住ステッカーのマグネットタイプとシール、手作りと既製品はどっちがいいの?

県外ナンバーの車への嫌がらせとかのニュースで、県内在住ということわかってもらう

スポンサーリンク

”在住ステッカー”

っていうのを紹介してました。

amazonとか楽天でも、在住ステッカーが売れ筋ランキングで上位に来てますね。

いや~、コロナウィルスのせいではあるけど、なんだか悲しい気持ちになっちゃいます。

スポンサーリンク

在住ステッカーはマグネットがいい?それともシール?

在住ステッカーって、車に貼るわけですけど、マグネット式とシールタイプは、どっちがいいんでしょうね。

マグネットタイプなら、付け剥がしが楽!

それでもって、シールの粘着とかが車につかない!ってメリットがありますよね。

 

だけど、剥がしやすい分、嫌がらせをする人の中には、県内在住とわかっても、その在住ステッカーを剥がしたりするなんてリスクも考えられますよね。

そういう意味では、剥がしにくいシールタイプの在住ステッカーのほうがいいのかな?なんて思ったりもしますが。。。

 

スポンサーリンク

手作りと既製品はどっちがいい?

マグネットとシール、どちらも一長一短あるわけですが、もう一つ、在住ステッカーを選ぶときに、amazonとか楽天など通販やオートバックスとかカー用品店で売っているような既成の商品にするか、自分で手作りとどっちがいいか?って問題もありますよね。

 

既製品は、買えばすぐに車に貼り付けられるので、すぐになんとかしたい!って場合は最適。

 

手作りは、材料を買うなど揃えてから、デザインなども自分でつくらないといけないので、それなりに時間はかかるかも。

 

手作りと既製品だと、どっちが、意地悪しようとする人にしっかりアピールできるんでしょうかね?

 

これは、あくまでも個人的な感想ですけど、在住ステッカーをつけたからといって、嫌がらせがなくなるかどうかは微妙な感じもしないではないですよね。

せっかく、在住ステッカーを付けたのに、嫌がらせを受けた!なんてことだとショックも倍増しちゃいます。

そういう意地悪なことが起きなくなるっていうのが、一番いいんですが、在住ステッカーも気休め程度に思って置くほうがいいんでしょうかね?

地域によっては、自治体が在住を証明する確認書を発行してくれるところもあるみたいです。

そちらのほうが効果あるのかな?

 

通販の在住ステッカー値段は?

在住ステッカーですが、手作りではなく、買うとなると値段はいくらくらいのものなんでしょう?

楽天で売れ筋ランキングに入っていた、マグネット式の在住ステッカーは、値段が800円になってました。

amazonもだいたい似たような値段という感じです。

 

もちろん、通販の店舗やサービスによって値段は違います。

でも、だいたい1000円前後と思っておけば間違いないかな?という感じです。

 

ちなみに、マグネットタイプよりもシールの方が値段は安いようですね。

 

スポンサーリンク

在住ステッカーよりもドライブレコーダー

他都道府県外ナンバーで傷をつけられたり、煽り運転などの受けることへの対策として、在住ステッカーもいいですが、やっぱり、実際になにかあったときには、証拠が大事。

そういう意味では、ドライブレコーダーですね。

特に、車から運転する人が離れているときも、ずっと監視?録画してくれるタイプのドライブレコーダーってのもあるらしいです。

 

”駐車監視機能(パーキングモード)”

 

がついたドラレコってのがあるみたい。

 

これなら、運転中はもちろんですが、駐車してエンジンをきって、車から離れている間もちゃんと録画してくれるみたいなので、もしも!ってときに役立ちそう。

 

値段はピンきりみたいですけど、ネット通販で値段をみてたら、普通のドライブレコーダーとそんなに差はないみたい。(たぶん)

 

でも、バッテリーに負担がかかるとかいろいろ問題があったりするのかな?

 

もしそういうのがないのなら、駐車している間もちゃんと録画してくれるドラレコのほうがいいかな?という感じですね。

 

 

 

良かったらシェアお願いします!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。